• 事務所紹介
  • 料金表
  • 無料相談
  • アクセス
  • お客様の声
  • 解決事例
  • 選ばれる理由
  • お問い合わせ
  1. HOME
  2. 解決事例
  3. 相続手続き
  4. 遺産分割協議:寄与分は認められる?

遺産分割協議:寄与分は認められる?

遺産分割協議:寄与分は認められる?

「母の介護は自分だけがしていたのに、遺産を平等に分けるのは不公平では?」「父の事業をずっとサポートしてきたので、他の兄弟に比べて遺産を多く受け取れるべきだ」… 被相続人に対して生前尽くしていた人が、法定相続通りに遺産を分けることに対して不公平を感じることがよくあります。このような不公平を感じるケースに対処するために、寄与分という制度が存在します。

寄与分の制度は、特定の相続人が被相続人に特別に貢献した場合、その人の相続財産の額を増加させることで、相続人間の公平を保つものです。この特別な貢献とは、故人の事業への協力や療養看護など、故人の財産の増加に寄与した行為を指します。

目次

寄与分とは?

共同相続人の中で、被相続人の事業を手伝ったり、財産的な援助や療養看護などにより、被相続人の財産の維持または増加に特別に寄与した人がいる場合、その人の法定相続分にその寄与分を上乗せします。これを寄与分といいます。

民法では次のように定められています。「共同相続人中に、被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から共同相続人の協議で定めたその者の寄与分を控除したものを相続財産とみなし、第900条から第902条までの規定により算定した相続分に寄与分を加えた額をもってその者の相続分とする。(民法904条の2)」

相続においては、法定相続分に基づいて遺産を分配するのが一般的な原則です。しかし、被相続人の事業を無報酬で支援したり、介護を担当したりした相続人がいる場合、その人の努力を無視して法定相続分通りに遺産を分配すると、不公平な結果になることがあります。このような状況を解消するために、財産の維持や増加に特別に貢献した相続人に対して、寄与分として相続分を増加させる制度が取り入れられています。

寄与分の決め方

寄与分は原則として相続人全員の話し合いで決めます。つまり、遺産分割協議の話し合いの中で決めます。協議がまとまらないときは、 家庭裁判所に調停や審判を申立ててその額をきめてもらうことになります。

寄与分を請求できる人と特別寄与分の請求をできる人

寄与分の請求は相続人に限られますが、被相続人の親族が無償で療養看護などを提供し、その結果として被相続人の財産の維持や増加に特別に寄与した場合、その親族は相続人から「特別寄与料」として金銭の支払いを求めることができる制度もあります。

特別寄与料とは、被相続人の財産の維持や増加に無償で介護などの形で貢献した親族が、相続人から寄与に見合った金銭等を請求できる法的な仕組みです。この制度は相続人ではない親族に限定されており、内縁の関係にある夫や妻などは対象外となります。

この特別寄与料の制度は、2019年7月1日の民法改正によって導入されました。それ以前は、子の配偶者など相続人でない親族が、いかに献身的に被相続人の介護を行ったとしても、相続財産を取得することができないという状況でした。この不公平な結果を是正するために、法改正が行われ、特別寄与料制度が設けられたことで、相続人でない親族も相続財産を取得できるようになりました。

寄与分が認められるためには特別な貢献が必要

裁判の判例上、寄与分として認められるには「特別な貢献」でなければなりません。通常の貢献では寄与分としては認められない点に注意が必要です。例えば、夫婦や親子としての日常的な世話など、通常の範囲内の貢献は特別の寄与とは認められないでしょう。

特別の寄与が認められるかどうかの判断基準として、以下のような「法律で義務付けられた範囲」を超える貢献があると認められることが一般的です。これらの法律で義務付けられた範囲の貢献では、特別の寄与としては認められません。

・親族間の互助義務:同居の親族は互いに助け合う必要があります(民法730条)。
・夫婦の協力扶助義務:夫婦は一緒に暮らし、互いに協力して助け合う必要があります(民法752条)。
・親族の扶養義務:直径の血族と兄弟姉妹はお互いに扶養する必要があります(民法877条)。
特別の寄与かどうかは、基本的に相続人間での話し合いで決定されますが、個々の事情に応じて判断が変わるため、具体的にどの行為が特別の寄与と認められるのかは一概に言うのが難しいことがあります。話し合いで合意が得られない場合、遺産分割調停や遺産分割審判などの手段で解決されることになります。

寄与分が認められる特別な貢献とは?

寄与分が認められるのは、相続人が親族としての通常の扶養義務を超え、遺産の維持や形成に特別に貢献した場合に限ります。特別な貢献が必要であるため、通常の扶養義務の範囲内での貢献では寄与分は認められません。

寄与分が認められる典型的な状況は次のような場合です。

・被相続人が営んでいた農業や事業を、無給及び薄給で手伝っていた場合。
・被相続人を介護療養した場合。家族として当然の範囲での介護は認められません。
・被相続人の生活援助をしていた場合。実際に同居をしながら扶養していた場合も、生活費の援助も当てはまります。
・被相続人のために不動産や多額の金銭を援助したり、無償で貸した場合。
・被相続人の財産を管理することにより、財産の増加や維持に貢献した場合。不動産管理や売買交渉などが当てはまります。

まとめ

相続において、特別な貢献をした相続人に対して公平に遺産を分配するための制度として、寄与分が存在します。寄与分は、被相続人の事業支援や介護など、通常の扶養義務を超えた特別な貢献に対して認められるもので、相続人間の公平を図るための重要な概念です。また、相続人でない親族に対しても、特別寄与料という制度があります。寄与分は原則として相続人間の遺産分割協議の話し合いの中で決めます。協議がまとまらないときは、 家庭裁判所に遺産分割の調停や審判を申立てることになります。

当事務所では、相続専門の司法書士が、相続登記や各種相続手続き、遺産分割協議、遺言書作成や家族信託などの相続対策まで、親切丁寧にサポートいたします。無料での相談も可能で、土日祝日対応や出張相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

栃木・宇都宮 でよくご覧いただくコンテンツ

     栃木・宇都宮で相続や遺言に関するご相談は当事務所まで
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • お問い合わせ

相続のご相談はお任せください

  •        ご相談者様の声
  •        当事務所の解決事例

栃木・宇都宮で相続の無料相談実施中!

       相続手続・遺言・家族信託の無料相談受付中! 028-653-8686 平日9:00~19:00(夜間休日対応可)

栃木・宇都宮で相続・生前対策(遺言・家族信託)で選ばれる理由

相続専門の司法書士が対応いたします!

  •             POINT 01            
    安心の無料相談!
  •             POINT 02            
    不安を解消する
    明瞭な料金体系!
  •             POINT 03            
    相続、遺言、
    家族信託に強い
    事務所です!
  •             POINT 04            
    休日夜間・出張
    対応も可能!
       詳しくはこちら

栃木・宇都宮でよくご相談いただく相続メニュー

  • 不動産相続サポート 不動産相続サポート 52,000 円~
  • 相続手続き丸ごとサポート 相続手続き丸ごとサポート 250,000 円~
  • 相続放棄サポート 相続放棄サポート 25,000 円~
  • 遺言作成サポート 遺言作成サポート 55,000 円~

栃木・宇都宮で家族信託をお考えの方へ

家族信託による認知症対策をサポート!

家族信託サポート

栃木・宇都宮で土日・休日に相続の相談ができます!

出張での無料相談も実施中です!

栃木県外にお住いの方の相続にも対応!

なかなか帰省できない方にオススメです。

栃木県で相続した不動産の売却もサポート!

相続の手続きと相続不動産の売却をまとめてサポート

栃木・宇都宮 相続相談室の無料相談の特徴

  • 安心の無料相談。初回の相談は無料です!

    当事務所では、皆様に納得いただき、安心してご依頼いただきたいという想いから、相続に関する相談を初回無料で承っております。

    栃木・宇都宮にお住まいの皆様はいつでもご相談ください!

  • 相続専門の司法書士が対応いたします

    お客さまのご対応は、相続専門の司法書士である当事務所の代表が責任をもって行います。事務員にまかせきりなどということはありません。

    相続の専門家が直接ヒアリングをすることで、お客さまに必要な手続きの漏れや間違いを防ぎ、お客さまのお悩みや疑問をスピーディに解消します。

  • 出張相談・土日祝日・夜間の対応も行っています

    事前に相談のご予約を頂ければ、土・日・祝日、夜間も対応可能です。

    日中は仕事で相談に行く時間がない・休日にゆっくりお話を伺いたいなどという方はぜひご利用ください。

    また、出張でのご相談もお受けしております。費用はかかりません。

    遠方にお住まいで移動が大変・足が不自由で外出が難しいなどのご事情がある方はぜひご相談ください。

相続・遺言でよくあるご質問

よくご覧頂いている当事務所のQ&A
  • No1
    「相談したら必ず業務の依頼をする必要がありますか?」
    回答を見る
  • No2
    「どんな人が対応してくれるの?」
    回答を見る
  • No3
    「相続人関係が複雑なのですが、対応してもらえますか?」
    回答を見る
  • No4
    「あとから追加の費用が発生することはありますか?」
    回答を見る
  • No5
    「費用のお支払いはいつになりますか?」
    回答を見る

新着情報・解決事例・お客様の声

詳しい事務所情報は下記をご覧ください!

詳しい事務所情報は下記をご覧ください!